先月のオーナーの続投発言から一転して、巨人の高橋監督が辞任を発表しました。就任後の成績から見れば仕方がないと思いますし、就任時の状況などから見ても同情される点も多くありました。それはそれとして、後任監督して名前が挙がっているのが、原前監督というのが理解できません。原監督は自身の不祥事をうやむやにし、なおかつ野球賭博問題などの後処理もせず、成績が下降線をたどってきたので監督も若返りをということで、いまだ現役続行の意向だった高橋監督の就任となったと記憶しています。原監督の辞任がなければ選手寿命も確実に伸びたであろう高橋由伸があまりにかわいそうでなりません。彼のバッティングが好きだったファンとしては、また現役復帰してもらいたいとも思うほどです。後任が原監督では高橋由伸があまりにも浮かばれません。せめて、違う人にお願いできなものかと考えてしまいます。確かに成績だけを考えれば、原監督が適任なのかもしれませんが、心情的にまたは倫理的に理解しがたいと思う人もおおいのではないかと思います。

以前治療した歯の定期健診のお知らせがクリニックから届きました。
すぐに申込もうと思いつつも、翌日になるとすっかり忘れてしまい・・・。
だいたい、昼飯時か夜にふと思い出すんですが、そういう時に限ってクリニックがお休みの時間だったり終了してしまってたりするんですよね(汗)
そんなことズルズル引き延ばし続け、結局なんとか一週間後になって予約を入れました。
正直、行きたくはないんですけどね。
いまのところ痛みやトラブルもなく順調な口内環境。
でも多分健診にいくと、ちっちゃい虫歯があるだの、歯茎が腫れているだの、歯石があるだの指摘されて治療されるでしょう。
そのほうが早めの治療で治せるからいい・・・という理屈はわかります。
でも、自覚症状もないのに、歯を削ったり、歯茎から血が出るぐらい磨かれたりして痛い思いをするのはしんどいのです。
この気持ちはやっぱり医療関係者にはわからないでしょうね。
まあ、そんな患者のワガママな気持ちにいちいち寄り添っていたら、医業なんてやってらんないでしょうから仕方ないですけど。カードローン アイフル