生命保険が好きという人はほとんどいないでしょうが、これは家族制度が非常に強固であるがゆえに生命保険の代わりをしていたという側面が日本では存在しています。しかし、昔、加入していた生命保険が無価値となってしまったということが戦中あるいは敗戦後のインフレによっておきたという事実があります。但し、さすがにこれは70年以上の前の話であり、今でもそういうことを意識して嫌がっているという人はいないです。問題となることは何と言っても生命保険を掛け損であったと思ってしまう人が多くなってきているということであり、また余裕がなくなっているということもあります。平均収入というのが下がってきていることになりますのでこれはなかなか経済的な問題であるというわけですが生命保険自体の価値が下がりあるいは意味がなくなっているというわけではありませんのでその点は勘違いしないようにしたほうがよいでしょう。なかなか難しい問題でもあります。モビット 借り方