高橋監督辞任で後任が原監督との噂ですが果たしてそれでいいのでしょうか

先月のオーナーの続投発言から一転して、巨人の高橋監督が辞任を発表しました。就任後の成績から見れば仕方がないと思いますし、就任時の状況などから見ても同情される点も多くありました。それはそれとして、後任監督して名前が挙がっているのが、原前監督というのが理解できません。原監督は自身の不祥事をうやむやにし、なおかつ野球賭博問題などの後処理もせず、成績が下降線をたどってきたので監督も若返りをということで、いまだ現役続行の意向だった高橋監督の就任となったと記憶しています。原監督の辞任がなければ選手寿命も確実に伸びたであろう高橋由伸があまりにかわいそうでなりません。彼のバッティングが好きだったファンとしては、また現役復帰してもらいたいとも思うほどです。後任が原監督では高橋由伸があまりにも浮かばれません。せめて、違う人にお願いできなものかと考えてしまいます。確かに成績だけを考えれば、原監督が適任なのかもしれませんが、心情的にまたは倫理的に理解しがたいと思う人もおおいのではないかと思います。