忙しい朝に、ティッシュまみれの洗濯物と格闘した話

朝、洗濯をしました。

洗濯物を干そうとして洗濯機の蓋を開けると、洗濯物がティッシュペーパーまみれになっていました。その日は、旦那は宿直で家に帰ってこない日でした。私はティッシュをポケットに入れる習慣がありません。犯人は小学生の娘でした。

しかもその日は、子供会による、毎朝の通学路の安全を確保するための、旗振りの当番が回ってくる日です。

イベントというのは重なるものです。私も気合いを入れて頑張るしかありません。

とりあえず大急ぎで朝ごはんを作って食べて、娘の髪の毛を結い、6時50分には家を出て旗振りに行きました。子供は近所の同級生と一緒に登校するため、私のほうが先に家を出ました。

7時半に帰ってきて、ティッシュまみれの洗濯物を干し、ゴミを捨て、薄化粧をして8時半に出勤です。目が回るような忙しさです。

さて洗濯物ですが、見事なまでに細かいティッシュが至るところにくっついていて、なかなか強敵です。一枚一枚丁寧に、裏表にひっくり返しながら、力一杯バッサバッサと叩きまくりました。黒い服は特に念入りに落とさないと、白いティッシュは悪目立ちします。時間がかかり大変でした。

これぞ子育てあるあるだよなーと思いつつ、家に帰ったら とっちめてやる、と静かに闘志を燃やす母なのでした。髭 脱毛 ミュゼ