広間を乗り越えることは、身と扱う操作らしき

断捨離、ミニマリスト、回収のニュースを読んでいると、客間の散らかりは心の散らかりらしき。
だからこちらは、自分がなに物質かわからないでいたのか。
そりゃあ、窮する。
ボクと立ち向かう課題。こちらはどなたか。わたしの理想はなんなのか。
こちらは、親切で通常があって知能があって心の優しいお客様に望む。
暖かい特異を保ちたい。刺々しいことは効くたくない。
容易い人類でいたい。人の苦痛がわかるような。
でもそれは、まずまず苦しい粗筋です。
客間を片付ける結果、自分がどのようなお客様に望むかを見つける粗筋らしい。
こちらは、外側よりもメンタルを磨きたい。
こちらは親切で通常があって知能が会って心の優しいお客様に望む
それでおセレブリティにも望む
軍資金はすでにあるが、高慢ちきな人類にはなりたくない。
強欲な人類にもなりたくない。極端なお客様にもなりたくない。
バランスの取れた、ちゃんとした人類に望む。
まっとうな人類になるのが恒久の理念です。
客間を取り去ることは、そうした理想のボクと向き合う課題らしき。