友だちの禁酒チャレンジはいつまで続くだろうか

先日、友だちがしばらくの間禁酒すると、Twitterで高らかに宣言していました。
その友だちというのは、本当にお酒が好きで、毎日家でビールを飲んでいるほどです。
日曜日の午後には、「お昼から飲んでるよ」とツイートするのが、もはや恒例行事になっているくらいのお酒好きのはずです。
でも、そんな友だちが禁酒宣言をするとなると、なんだかよっぽどの事情でもあるのではないかと思ってしまいますよね。
何か困ったことがない限り、自分の好きなものを我慢するというのも、なかなか大変だったりします。
例えばお酒で大きな失敗をしたりだとか、病気を患ってしまっただとか、いろいろな原因が考えられます。
で、本人に率直に聞いてみたのですが、今回、特にこれといった理由はないらしいです。
ちょっと拍子抜けしてしまうような答えだったのですが、なんとなく話の成り行きで挑戦してみるのだそうです。
そんな話を聞いたら、禁酒宣言したはよいものの、いつまで続くのやら…と、どうせすぐに我慢できなくなるのではないかと思ってしまいました。