バッチリヤツの次女がこんなときに限ってやってしまう…

高校生の同級生のそれぞれとの久々の打ち上げ。卒業して20階級ほどに上るが、ちょくちょく連絡をとって会って要る。私のように結婚して坊やもいらっしゃる人物もいれば、独身でセールスに追われて人物もある。そんな相棒が集まっての打ち上げは各回楽しみで、僕にとっては負荷を輻射できる地でもいらっしゃる。
中学校の子供は普段は側からしっかりヒューマンだと言われているが、僕がそういった出掛けるときに限って、何かやらかして受け取る。目下夕暮れから出掛けるから、建物の重要本当に持っていってね、と子供の登校前に言っておいた。セキュリティ!と言って出たのでひと安心。夕暮れ、子供の帰郷前に僕は建物を出た。ランデブーのターミナルに着いたときに私の携行のTELが鳴った。近所の女性の建物からだった。出たら、子供の意見が…奥さん?…重要が薄いの〜…と。え〜?!だった。かばんを探したのに重要が見つからなかった、って。JRで出ているし、私だってすぐには帰れない。ともかくうちの重要を秘める、主人と主人の父母にコネクトしたけどとも一気にコネクトがつかなかった。待ち合わせ場所まで行ってそれぞれに会い、そんなことで帰らなくちゃ、って言って建物に急いで戻ったのだ。女性ちでは気配りになっちゃったし、あとで主人や父母ともコネクトがつきお騒がせしました…ってかんじでしたけど。
その子供が家に帰って所々重要を探した申込、遊びに出掛けるときに扱うカバンの中に重要はあった。初心から学校に持って行くかばんにはなかったのだ。
たっぷりしてるようでどっかぬけてる、おっちょこちょいなところは僕にごっそりです…憎めないかわいさがあるけどね。