オームのことと直列回路と並列回路について

オームなどについて学習しました。オーム(1789〜1854ご時世)は錠前屋に出来上がり、電流が電圧に比例することを発見し、その言い方が電気異議の単位になりました。また、オームohmを逆にしたモーmhoは、電気のストリートやすさの単位として使われています。導線の異議はその長さに比例し、断面積に逆決める。断面積が大きくなると、電子も手広く動きます。長さが長くなると、電子は長い距離を動かなければなりません。次は、直列回路についてだ。お家芸は、直列回路の各異議にかかる電圧の和は、電源の電圧に等しいだ。直列回路を過ぎる電流は、どこも等しいだ。直列回路の各異議にかかる電圧は、異議のがたいに比例します。全体の異議は、各異議の和に等しいだ。次は、並列回路についてだ。お家芸は、並列回路の各異議に掛かる電圧は、電源の電圧に等しいだ。並列回路の各異議を流れる電流の和は、電源の電流に等しいだ。並列回路の各異議を流れる電流の料率は、異議のがたいに逆決める。全体の異議は、各異議よりも酷いだ。知らないことを知れて良かったです。